家庭菜園初心者向け・防備録

北海道の家庭菜園【秋植えにおすすめの野菜】

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で、趣味の家庭菜園をしています。
 
今回は、北海道の家庭菜園で、秋植えにおすすめの野菜を紹介します。

北海道の家庭菜園【秋植えにおすすめの野菜】

北海道は夏が短いので、野菜を栽培できる期間が限られますよね。
 
本州では、夏野菜の栽培が終わったら、色々な種類の野菜を植えられますが、北海道では8月終わりから植えても、11月には雪が降り出すので、秋植えで育てられる期間は2ヶ月ほどしかありません。
 
秋植えでは、寒さに強い野菜を育てる必要があります。

◯北海道での秋植えにおすすめの野菜

北海道での家庭菜園で、秋植えにおすすめの野菜は、以下の6種類です。
 
  1. カブ
  2. 大根
  3. ほうれん草
  4. 小松菜
  5. レタス
  6. ブロッコリー
カブや大根は、春より秋のほうが、虫も付きにくく育てやすいです。
北海道の秋まき野菜北海道の秋まき野菜
春撒きのカブや大根は、葉を芋虫に食べられ、実の部分はダンゴムシの巣になってしまった…なんてこともよくあります。
 
うちも春撒きのカブや大根は失敗しやすいので、秋だけ育てるようにしています。
 
また、大根は春撒きだと辛味が強くなりますが、秋撒きは実がしまって甘くなります
 
大根は収穫しきれなければ、春まで雪の下に置いておくこともできます。(雪の下大根は、実がしまってより甘くなります)
 
 
 
 
ほうれん草や小松菜などの葉物も、虫の食害にあいにくいので、キレイに作ることができます。
北海道の秋まき野菜
ほうれん草は、寒さに当たると甘みが増すので特におすすめです。(ちぢみほうれん草は、わざと寒さに当て、甘味を増したものです。)
北海道の秋まき野菜
去年とり忘れたほうれん草を雪の下に置いておいたら、春に青々とした状態で出てきたので、ほうれん草はかなり寒さに強いようです。
 
 
レタスリーフレタスがおすすめです。
北海道の秋まき野菜
種から撒けば、好きな大きさで適時葉をかきとって収穫できますよ。
 
 
ブロッコリーも涼しい気候を好むのでおすすめなのですが、北海道では秋植えの苗はあまり出回らないので、入手が難しいかもしれません。
北海道の秋まき野菜
自分で育苗する場合、7月頃から育苗し、8月中旬以降に植え付けます。
 
側花蕾を収穫するタイプの茎ブロッコリーなら、ちょこちょこ収穫できるのでおすすめですよ。
北海道の秋まき野菜
 
 
その他、秋植えではないですが、秋に植え付けるものでは、にんにくがあります。
北海道の秋植え野菜
にんにくは9月中旬頃に植え付けると良いです。
 
 
 
また、上記に紹介した以外にも色々な野菜を育ててみたい、という場合には、越冬人参おかひじきスイスチャードなどもおすすめです。
 
白菜キャベツも栽培できますが、場所をとるのと手がかかるため、我が家ではあまり栽培しません。
 
半結球の白菜、山東菜だと、間引きながら小さい状態(べか菜として)でも収穫できるので、おすすめですよ。
 
葉物野菜は、なるべく防虫ネットなどをトンネルがけするなどして、防虫対策をしっかりして育ててあげて下さいね。

まとめ

北海道の短い秋には、寒さに強い野菜を植えましょう。
 
苗はあまり出回らないので、種を撒ける葉物や根菜類が簡単です。
 
寒さに当たると野菜は甘みをたっぷり蓄えるので、美味しい野菜が採れますよ。
 
北海道の寒さならではの味、ぜひご自宅で味わってみて下さい。
 
 
 



こちらの記事もおすすめ!
家庭菜園初心者向け・防備録

育苗中に数日間、家を空ける場合の対処法【水やりができないとき】

2021年5月5日
たんぽぽ母ちゃんのブログ
こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。 北海道の道央地区で、趣味の家庭菜園をしています。 今回、育苗中に3日ほど家を空けることになりました。 …
家庭菜園初心者向け・防備録

北海道の家庭菜園【連作障害まとめ】

2020年7月14日
たんぽぽ母ちゃんのブログ
こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。   北海道で趣味の家庭菜園をしています。   今回は、主に北海道の家庭菜園で育てられる野菜に関して、連作障害の年数をまとめたものを公開し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です