ブロッコリー

茎ブロッコリー【スティックセニョール】種からの栽培〜北海道の秋植え栽培〜

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で趣味の家庭菜園をしています。
 
家庭菜園でブロッコリーを育てると、採れたて新鮮な甘ーいブロッコリーを食べられますよね。
 
家庭菜園でブロッコリーを育てるなら、茎ブロッコリーがおすすめです。
 
茎ブロッコリーは頂花蕾を大きくせずに、側花蕾を収穫する品種です。
 
茎ブロッコリーなら、少量ずつを何度も収穫できるため、毎日の食卓のちょっとした彩りに最適なんですよね!
 
今回は、北海道の秋植え用に、茎ブロッコリーの品種、スティックセニョールを種から育ててみましたので、その記録を残しておきます。
我が家では、春に苗からスティックセニョールを育てたことはありましたが、秋に栽培したことはありませんでした。
 
今年の春には、種から普通のブロッコリーを育てて無事収穫できたのですが、やはり家庭菜園ならちょこちょこ収穫が楽しめる茎ブロッコリーのほうが最適だと感じました。
 
また、秋にもブロッコリーを育ててみたいと思っていたこともあり、秋植えに向け、スティックセニョールを種から育ててみることにしました。
 

◯スティックセニョールの種まき

スティックセニョールの種袋を見ると、育苗期間は2ヶ月ほどとのこと。
 
北海道の秋植えの時期はお盆明け頃なので、8月中旬に植え付けるとすると、6月中旬に種を蒔けばいい計算になります。
 
収穫は種まきから3ヶ月後なので、9月中旬からの収穫開始を目指します。
 
種まきは、少し早めの6月6日に行いました。
 
1箇所につき3粒ずつ直接ポットに撒き、3株育苗。
 
アブラナ科は発芽率が良く、発芽も早いため、種まきから2、3日でしっかり発芽してくれます。
スティクセニョール発芽

◯スティックセニョール発芽後の管理

ブロッコリーの苗は暑さに弱いため、比較的涼しい室内の窓辺で管理しました。
 
何度か失敗したのですが、ブロッコリーは本葉が出た頃に強い直射日光に当てると白くなって枯れてしまいます。
 
そのため、本葉が1〜3枚ころの時期には、とくに慎重に管理したほうが良さそうです。
 
苗が小さいうちは昼間の直射日光を避けて移動させながら、どうにか枯らさずに育ち始めました。
 

◯事件とスティックセニョール植え付け

もうすぐ8月に入ろうかという頃、事件が起きました。
 
まだ小さい苗を、家族が謝って落としてしまったのです。
 
土はこぼれ、根もあらわになった状態。
 
北海道でもまだ暑い8月初頭、植え付け時期まであともう少しというところでしたが、仕方ないのでそのまま植え付けることにしました。
 
根にダメージもありそうなので、ダメ元です。(だめかなと思い、写真も撮りませんでした。)
 
夏の暑さも乗り切れるか心配でした。
 

◯スティックセニョールのたくましい成長

心配していたスティックセニョールでしたが、意外にも外で太陽の光を浴びることで、たくましく育ち始めました。
スティックセニョール植え付け
初めはひょろひょろだった茎も、少しずつ太くしっかりしていきます。
 
ここでひとつ問題が。
 
ダメ元という気持ちで適当に植え付けたため、株間を20センチほどしかとっていなかったのです。
 
ブロッコリーの株間は50センチほどほしいため、少々狭すぎますね。
 
意外にも3株とも元気に育ってくれたため、ギチギチで肩を並べていました。
 

◯なかなか花蕾が見えないスティックセニョール…

9月も半ば、北海道はぐんと涼しくなってきました。
 
予定通りいけば、そろそろ花蕾が見え始める時期です。
 
しかし、我が家のスティックセニョールは花蕾を付ける様子もありません。
 
やはり、落としたダメージや株間の狭さが影響しているのでしょうか。
 
ブロッコリーは、ある日急に花蕾が出現するので、毎日まだかまだかと覗きこんでいました。
 
しかし、そのまま何の変化もないまま9月が終わってしまいました。
 

◯スティックセニョール、ようやく頂花蕾出現!

10月22日、種まきから4ヶ月以上も経った頃、スティックセニョールにようやく頂花蕾が出現しました!
スティックセニョールの頂花蕾
茎ブロッコリーは、頂花蕾を大きくせずに早めに収穫することで側花蕾を育てます。
 
しかし、我が家のスティックセニョールの頂花蕾はあまりにちびちび。
 
もう少し、もう少しと待っているうちに、11月に入ってしまいました。
 
北海道の10月は15℃を下回る日も増えるため、植物の成長もとてもゆっくりになってしまうようです。
 
11月4日、ようやく頂花蕾を収穫です。
スティックセニョールの頂花蕾を収穫
雪も降りそうな気温になってきたため、ダメ元でひと株だけ掘り上げ、室内で管理してみることにしました。
室内に取り込んだスティックセニョール
根のダメージもありますが、もう少し収穫を楽しめることを期待します。
 

◯初雪と、冬支度

11月9日、とうとう初雪が降ってしまいました。
 
スティックセニョールは側花蕾がなかなか育たず、収穫できるほどの大きさになりません。
 
頂花蕾収穫時に室内に取り込んだ株は、葉に付いていたアブラムシやハダニが繁殖しだし、水耕栽培の植物にまでうつってしまいました。
 
スティックセニョールの株自体は元気ですが、少し後悔をしています。(毎年、外から植物を取り込むと、ハダニが繁殖して後悔します。)
 
外のスティックセニョールは2回ほど積雪も経験。
 
それでも萎れないスティックセニョール、さすが寒さには強いです。
 

◯スティックセニョールの側花蕾、初収穫にて終了!

11月19日、雪が溶けた隙に、スティックセニョールの様子を見に行きました。
 
すると、数日前よりも少しだけ側花蕾が育っています!
スティックセニョールの側花蕾
これなら食べれると、どうにか数本の側花蕾を収穫。
スティックセニョールの側花蕾を収穫
寒さで虫も付かず、葉もきれいなので、葉っぱのままいただきます!
スティックセニョールのサラダ
少量の収穫でしたが、寒さに当たったブロッコリーは甘みが強く、最高に美味しかったです!
 
その後はまた何度か雪も降り、さすがのスティックセニョールもすっかり成長が止まってしまいました。
 
側花蕾の収穫は最初で最後、残念ながら終了です。
 

◯室内に取り込んだスティックセニョール

室内に取り込んだスティックセニョールはというと、根のダメージと日照不足のせいか、成長は思わしくありません。
 
少しずつ側花蕾は伸びてきてはいるのですが、花蕾自体が小さく、収穫するには忍びない大きさです。
室内のスティックセニョール栽培
見た目もなんだかハリがなく、あまり美味しそうではありませんね。
 
それでも枯れずに少しずつ成長してはいるので、少量収穫した際にはスープにでも入れていただこうかと思います。
 

まとめ

今回、苗を落とすなどの事件もあり、株の成長が遅れ、収穫も遅い時期に少量で終わってしまいました。(写真もあまり残していませんでした…)
 
北海道の秋植え栽培のスティックセニョールなら、5月中に育苗を開始してもよいのかもしれません。
 
また、スティックセニョールは、5月頃に植えると一番よく育ちます。
 
初めてスティックセニョールを育てるのであれば、春植えのほうがおすすめです。
 
種から育てるのであれば、3月頃から育苗を開始するといいですよ。
 
美味しくて栄養たっぷりの茎ブロッコリー、ぜひ長期間にわたって栽培したいものです。
 
また来年も秋植え栽培、挑戦したいと思います!
 
 
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です