障害児の悩み PR

CBDオイルを長期で使ってみた【1か月目】|みんなの口コミも紹介

CBDオイルを使ってみたら効果ありだった体験談
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。前回の記事で使ってみたカレンCBDオイル、かなり効果を感じられたため、長期で試してみることにしました。

使用製品は、こちら▽▽

20%と高濃度で、安心の日本製。味も飲みやすい製品です。

息子と同じ難治てんかんがある、カレンちゃんというお子さんの体験からうまれた製品というところも、非常に共感できました。

前回の記事はこちら>>

今回は、前回のお試し服用から約1か月空き、再スタートとしての1か月目の記録です。半年以上の長期服用では効果はどうか、これから定期的にアップしていきたいと思います。

CBDオイルを使ってみた体験談【長期服用1か月目】

CBDオイルとは、大麻由来の有効成分を抽出し、オリーブオイルなどの植物性オイルに混ぜ込んだ成分です。

有効成分は別名カンナビジオールとよばれ、以下のようにさまざまな効果があることがわかっています。

  • 抗痙攣作用
  • 抗炎症作用
  • 細胞障害の抑制と改善作用
  • 抗不安作用 など

カンナビジオールは難治てんかんにも効果があることが臨床研究により明らかになっており、アメリカなどではエピディオレックスという名前の抗てんかん薬として、息子の病気にも指定薬の認証がおりています。

難治てんかんへの効果やエビデンスなど、詳しくは前回記事でご紹介していますので、あわせてご参照ください。

前回の記事はこちら>>

前回、20%の高濃度CBDオイル「カレンCBDオイル」を1か月、使ってみたところ、発作ゼロまではいかないものの、かなりの効果を感じられました。

毎日あった10分以上の大発作が4~5日に1回になり、発作の強さ・長さも改善しました

てんかん薬でも、短期でこれほどの効果を感じたことはありません。

これまで11年コントロールできなかった発作のコントロールに期待し、長期で服用を続けてみることにしました。次章にて、再服用1か月目の記録をご紹介します。

CBDオイルを使ってみた結果【長期服用1か月目】

前回、CBDオイルを1か月だけ使ってみたあと、CBDオイルをやめると発作もどりのような状態が起き、これまでなかったような20~30分の長い重責発作が起こっていました。発作も毎日になり、調子がよくない状態が続いていました。

また前回は1日1回、夜のみ、スポイト半量での服用でしたが、今回はスポイト半量を朝晩2回で試してみることにしました。

以下に、日々の経過をご紹介します。

ーーーーー

※排便の状況や寝不足、風邪などが発作に影響するため、そちらも記録しています。

⭕️開始、朝晩2回服用
8/9水 夜から開始 ショート明け 
8/10木 朝からハイテンション 発作なし
8/11金 発作なし
8/12土 ◎排便2回 発作なし
8/13日 ★昼寝中、起きがけに発作数分
8/14月 ◎便少しだけ 発作なし 
8/15火 便秘気味 テンション高い 帰宅
   ★朝方起きがけに弱い発作
   ★夕方起きがけに強直からのスパスム5分

8/16水 ◎浣腸。久々のデイで疲れた様子
    欠心発作おおい
8/17木 ◎便少し
   ★夜中、寝入りに20分スパスム
8/18金 ◎便少し 
    ショートステイ(オイル継続)
8/29土 ★発作あったが短い
8/20日 ショート帰宅
8/21月 始業式
    リズム崩れ、夜寝付き悪い
8/22火 ◎便少し
   ★寝入りに4回だけのスパスム20秒
8/23水 朝から発熱、鼻水↓
    ◎便しっかり
8/24木 夜間覚醒 発作なし、元気
8/25金 夜間覚醒、発作なし、元気
    ◎便しっかり
8/26土 夜間覚醒、発作なし、元気
8/27日 ★昼寝中に短い発作、便の前
    ◎便
8/28月 久々の学校で疲れ気味
    ★学校で単発発作11時
    ★寝入りに単発19時
8/29火 鼻詰まりで寝不足。風邪なおらず。
    ★単発発作ちょこちょこ
8/30水 ◎便あり、鼻水
    ★単発発作ちょこちょこ
8/31木◎便あり、鼻水
    ★単発発作ちょこちょこ
9/1金 ◎便あり、鼻水、ショート
    ★単発1回
日中の眠気がひどいため、夜のみに変更

9/2土 ◎便あり、鼻水、デイ
    ★単発1回
9/3日 おまつりおでかけ。鼻水
9/4月 ★朝から発作。少し大きめ
9/5火 午前中の眠気はなし。便秘ぎみ
    ★15分のスパスム笑い発作
9/6水 ★発作単発 便秘ぎみ
    ◎浣腸
9/7木 ★発作単発 
    ◎便3回
発作増えたため、夜のオイルを倍に
風邪もなおってきた

9/8金 ◎快便 発作なし
9/9土 ◎快便 発作なし

前回CBDオイルを使ってみたときと比べると、若干効きにくくなった印象はありましたが、全体として良くも悪くもかなり効果・影響があり、とくに睡眠には大きな効果があると感じられました。

うちは朝服用だと日中の眠気がひどく、活動ができないくらいでした。

増量したものを減量したときに、発作の悪化がみられます。後半2日、夜の服用量を増やしてからは、発作が少なくなっています(前回のお試し時と同じくらい)。

前回気になった、ハイテンションとよだれの多さも、今回は気になりませんでした。

少し耐性がつきやすいかなと感じるので、これからも同量でよい状態を保てるかが懸念点です。また夜全量で続けて、様子をみていきます。

学校の先生もCBDオイルの効果にびっくり

CBDオイルの使用に関しては、主治医はもちろん、息子が通うデイや学校の先生とも細かくやりとりしながら様子を見ています。

以下は、連絡帳でのやりとりの様子です。

CBDオイルを使ってみた服用記録

CBDオイルは少し調整しただけで眠気や発作に大きく変化がでます。先生も、息子の様子を間近に見て、効果を感じられているようです。

 

うちはかなり効果あり!口コミでは【不眠・不安】に効果大との声

うちはCBDオイルを難治てんかんに試していますが、なかには不眠や痛みの軽減など、別の用途で使用を検討している方もいるかと思います。

うちの感想では、CBDオイルは睡眠にかなりの効果がある印象です。またCBDオイルを飲んでいる期間、息子は楽しそうに笑っていることが増えたので、不安軽減やリラックス効果というところも大きい印象です。

ただ、まだまだCBDオイルは認知度も低く大麻由来ということもあり、「依存性とかやばいんじゃない?」「やめたほうがいいかな?」「本当に安心なの?」という不安の声も少なくない印象です。

そこで、参考までに、ネットや製品レビューなどに上がっていたみなさんのCBDオイルに関するレビューや口コミを、症状別にご紹介します。

【睡眠障害】へのCBDオイルの効果

  • 夜に飲むと30分くらいで眠くなる
  • 以前は夜中に何度も起きてしまったが中途覚醒がなくなった

【不安】へのCBDオイルの効果

  • 心拍数や血圧の値が改善した
  • 飲んだあとは、とても心地よい感覚がある

【ストレス】へのCBDオイルの効果

  • 慢性的なストレスや緊張からくる頭痛がなくなり、頭がスッキリした状態に

【イライラ】へのCBDオイルの効果

  • 怒りの感情が70%ほど減った
  • ゲーム脳でイライラしやすい息子に飲ませたら、不機嫌が減りよくしゃべるようになった

【偏頭痛】へのCBDオイルの効果

  • 頭痛の頻度が「週に2〜3回」→「月に2〜3回」に改善。痛みも軽くなった

【痛みの緩和】へのCBDオイルの効果

  • 多発性硬化症の持病があったが、CBDオイルを使用し始めてから痛みが軽減、処方薬の鎮痛剤を使わずにすむように
  • 舌癌の母に使用したところ、痛みが和らぐとのころ(CBDオイルがガン細胞の活動抑制にも効くらしいとも聞いた)
  • 生理痛・頭痛・ヘルニアがあるが、CBDオイルを飲むと15分~30分でほわっとした感じになり痛みを気にせず寝られるように

【パニック障害】へのCBDオイルの効果

  • パニック障害と10年の付き合い。CBDオイルを飲むと、いつもなら動悸が起きやすい時間でも安定していられ、ビックリしている

【生理前のイライラ】へのCBDオイルの効果

  • 別の用途で使用したが、生理前も安定するようになった

【アトピーのかゆみ】へのCBDオイルの効果

  • 口に含むとかゆみがやわらいで眠れる
  • かゆみがひどいときは効かないときもある

【喘息】へのCBDオイルの効果

  • 喘息の咳や呼吸が楽になる

【口内炎】へのCBDオイルの効果

  • 口内炎ができ始めると必ず激痛レベルまでひどくなっていたのが、最近ではそれが皆無になり、悪化する前に治るようになった

【コロナ後遺症】へのCBDオイルの効果

  • コロナ後遺症(体の痛み、突っ張り、経験したことのない頭痛、ブレインフォグ、認知になったような感じ、首、肩、肩甲骨の異常な凝り)多少だが、フォグと体の痛みが楽になったような気がしている

 

調べてみて、みなさん、本当にいろいろな用途でCBDオイルを使用されているんですね。それぞれに効果を感じられているのが、すごいです。

 

CBDオイルは本当に安全?副作用や依存性はないの?

CBDオイルに麻薬成分は含まれていないため、麻薬のような依存性はありません。同じ大麻由来でも、麻薬成分であるTHCはCBDオイルには含まれていないため、麻薬効果を心配する必要はないでしょう。

医薬品としての安全性も海外では臨床試験により実証ずみで、日本でもCBD成分を含むてんかん薬エピディオレックスは、ドラベ症候群という難治てんかんに限り指定薬としての承認がおりています。

詳しくは前回記事をチェック>>

ただ、THCフリーで、さまざまな効果があると聞いても、大麻由来であるCBDオイルを使用することに抵抗感がある人は少なくないようです。

そこで以下に、副作用や安全性に関する口コミ・感想・レビューをまとめましたのでご紹介します。

CBDオイルの副作用や安全性に関する口コミ

  • 1年ほど使用しているが、特に副作用はなし
  • 必要以上に摂取した翌朝は、少しふらふらする感じがある
  • 多量摂取で唇が痙攣したり、めまいもあった(調べたらCBDの副作用の一環として英文情報に載っていた)
  • 朝に多く摂取しすぎると眠くなる

前回の記事でもご紹介しましたが、CBDオイルは成人ではほとんど副作用がないことがわかっています。ただし、まったくの無害というわけではなく、多量摂取では、眠気、下痢、食欲低下、疲労感、肝機能障害などの副作用も報告されています。

使用の際はいきなり摂取量を増やすようなことはせず、少量から試していくのがよさそうです。

 

CBDオイルは一日何回服用するべき?

一般的なCBDオイルは、1日2回、朝晩の摂取が推奨されています。ただ、CBDオイルの効果的な摂取量・摂取回数は、症状や人によってかなり差があるようです。

口コミをみると、少量で効果があったとする人もいれば、少ない量では効果を感じられなかったという人もいます。

そのため、はじめは少ない量・濃度・回数で少しずつ試していくのがよさそうです。

カレンCBDオイルの会社さんに聞いたところ、適切な摂取量は体重によってもかわるとのこと。体重34キロの息子の場合、20%高濃度のオイルでも、1回に3スポイトくらいまでは大丈夫とのことでした。

今は夜だけ1スポイトで、十分効果を感じられています。

(※いきなり多量を試すのは危険ですので、詳しい摂取量の目安・摂取方法は、必ず製造元の会社にご確認ください)

 

CBDオイルの含有量(濃度)はどのくらいがおすすめ?

CBDオイルはさまざまな製品が販売されており、濃度もさまざまです。

睡眠や不安などが主な用途の場合、2%・4%・12%くらいの濃度が多い印象でした。

濃度が低い場合、効果を感じにくければ一回に飲む量も多くしていかなければならず、そうなると高濃度のオイルを少量摂取したほうが、コスパはいいと思います。

オイル量もさまざまですが、一般的には1瓶10㎖くらいの製品が多いようでした。30㎖など大容量のものよりは、少なめのもので、適した濃度を選んでいくのがよさそうです。

息子が使用させていだいているカレンCBDオイルは、10㎖で濃度20%であり、1回にたくさんの量を飲まずにすむので助かります。

味も製品によってさまざまなようで、他の製品では苦味があるとしているレビューもいくつかありました。カレンCBDオイルは新築のような、木の香りがして、苦味はありません。息子も問題なく飲めています。

 

CBDオイルで「効果なし」の場合はやめたほうがいい?

CBDオイルは飲み始めてすぐ効果が出る人もいれば、一定期間、続けることで効果が出始める人もいるそうです。

また、受容性も人により異なるため、濃度が足りないために効果を感じにくい人もいるとのこと。

個人的には、息子をみていると睡眠などに対してかなりの効果を感じています。

もし効果を感じない方は、もう少し続けてみるか、濃度の高い製品を試してみるといいかと思います。

濃度の高い製品をお探しであれば、『カレンCBDオイル』がおすすめですよ。

 

CBDオイルを再度1か月使ってみた感想は、やはり「効果あり」

息子の場合、CBDオイルを朝に飲むと眠気が強く出すぎてしまい、飲む時間や量が必要だったものの、明らかな効果は感じています

夜に飲むと、ぐっすり眠れるのか昼間も元気で機嫌がいいです。

発作はゼロとはいきませんが、副作用もいまのところまったくないので、このまましばらくCBDオイルを使ってみて様子をみます。続けることで、発作がよくなっていけばいいなと思います。

また、経過を報告しますね。

 

うちと同じCBDオイルを使ってみたい方は、こちらから▽▽

定期購入でかなりの割引になるのがありがたいです♪

前回の記事はこちら>>

 

こちらの記事もおすすめ!
障害児の悩み

障害児を持つ母親の仕事について〜思い込みに気付き、就労の必要性を見直そう〜

2020年8月10日
たんぽぽ母ちゃんのブログ
こんにちは。重度障害児の母、たんぽぽ母ちゃんです。   お子さんが障害児を持った場合、それが母親が仕事をする上での障害になる場合も少なく …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です