アスパラガス

赤い実をばら撒いたアスパラ、2年目の成長と移植【種からアスパラ栽培】

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。

北海道の道央地区で、趣味の家庭菜園をしています。

2年前の秋、我が家ではまだ何も植えていない花壇にアスパラの赤い実をばら撒きました。

アスパラの赤い実をそのまま撒いたらどうなるか?【実験】アスパラの実をばら蒔いたら、発芽するのか?我が家での実験の様子です。...

すると、すごい量のアスパラが次々に発芽、去年は可愛いアスパラちゃんたちが、お花の間からたくさん育ってきたのでした。

冬越しできるか心配でしたが、2年目の今年、無事に発芽を確認!

花壇も手狭になってきたので、別の場所に移植することにしました。

今回は、種(赤い実)から育てたアスパラの移植の様子をお届けします!

赤い実をばら撒いたアスパラ、2年目の成長と移植【種からアスパラ栽培】

こちら、2年目のアスパラちゃんです。2年目のアスパラ5月頭、とっても小さなアスパラたちが、花壇から無数に顔を出していました。

赤い実をばら撒いただけのテキトー栽培なのに、たくましい生命力に驚きです!

狭い花壇にばら撒いたため、このままではギチギチになりそう……

ということで、育ちすぎる前に移植してやることにしました。

◯2年目のアスパラを移植する

アスパラは、一度植え付ければ10年ほどは同じ場所で栽培できます。

そのため、植え付け場所は邪魔にならない畑の端などが◯。

できれば日当たりの良い場所がいいでしょう。

わが家も、隣家の壁沿い、庭の端に植えることにしました。

植え場所には堆肥と鶏糞(肥料)を入れ、軽く耕しておきました。

アスパラの掘り上げ

さて、可愛いアスパラちゃんを掘り起こしてみましょう。アスパラの発芽イチゴの手前に紫色のアスパラが生えています。奥のイチゴと比べても、とっても小さい。2年目のアスパラ掘り起こすと、じゃじゃーん!!なんて根張り!

一株で根がこんなに成長しているとは、驚きです。

花壇には、こんなチビアスパラが大量に生えています。5月、アスパラの移植2年目アスパラでもけっこうな根張りなので、もう一年待ったらお花たちまで掘り起こさなければならないところでした。

アスパラたちをどんどん掘り上げます。アスパラガスの根っこ見えるところだけで、こんなに!

予想以上の量で、新しい場所に植えてもぎゅうぎゅうになりそう……

でも貧乏性で捨てられないので、全部植えます。(数年後、根詰まりしそうですね)

移植場所へ

軽く溝を掘り、アスパラの根を並べていきます。2年目アスパラガス の移植 赤い実から育てたアスパラアスパラの芽の高さをだいたい合わせて、土をかけます。アスパラの根を植えるマルチ用に堆肥化したもみがらをかけたら、移植完了!移植したアスパラガス数日でしっかり根付いたようで、ミニアスパラたちが伸びてきました。

今年は収穫できませんが、来年以降は収穫できるかな?

頑張って成長してねー!

ちなみに……花壇からは取り残したアスパラたちが、大量に生えてきています!!(笑)

まとめ

アスパラの赤い実ばら撒き実験は無事に成功しました。

栄養もほとんどない土だったのに、植物はたくましいですね。

次は収穫を楽しみに……

秋春に堆肥をたっぷりやって育てましょう。

みなさんもぜひ、アスパラの赤い実をみかけたら、3年がかりの種からアスパラ栽培、試してみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です