水耕おかひじき

おかひじきの水耕栽培の始め方【冬場室内での栽培方法】

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で趣味の家庭菜園をしています。
 
おかひじきという野菜を知っていますか?
 
おかひじきはたまにスーパーでも見かけますが、ひじきのような見た目でシャキシャキとした食感が特徴のくせのない野菜です。
 
おかひじきはおひたしやサラダ、スープに入れるととっても美味しい野菜です!
 
おかひじきは、水耕栽培でも育てることができます。
 
今回は、おかひじきを冬場の室内で水耕栽培する方法をご紹介します。

おかひじきの水耕栽培の始め方【冬場室内での栽培方法】

◯水耕栽培に必要な道具

  • バーミキュライト
  • お好きな容器
  • 食器用スポンジ
  • 水耕栽培用液体肥料
バーミキュライトは種まき用です。100均にも売っています。
水耕栽培の始め方
バーミキュライトだと、種まきから水耕栽培容器に移す時に根がするっと抜けるので便利です。
 
水耕栽培に使う容器はコップや空き瓶、ペットボトルを切って利用したものなどなんでもかまいません。
水耕栽培容器
我が家ではセリアの蓋付き容器を加工して使っています。
 
スポンジは容器に茎を固定する用です。メラニンスポンジだと締め付けが強すぎるので、普通の食器用スポンジのほうが良いです。
水耕栽培スポンジ
水耕栽培では土を使わずに出来て経済的ですが、液体肥料だけは準備が必要です。
水耕栽培の肥料
液体肥料は水耕栽培用ハイポニカを購入すると良いです。


◯種まき

おかひじきの種はバーミキュライトに撒きます。
おかひじきの種
おかひじきの種はギザギザとした少し不思議な形をしています。(写真左が種、右はがくです。)
 
 
バーミキュライトを適度に全体がしっとりする程度に水をかけ、湿らせます。
水耕栽培おかひじき種まき方法
そこにおかひじきの種をばら撒きます。
 
おかひじきの種は好光性なので、覆土はごく薄くか、かけなくても大丈夫です。
 
心配な場合は二枚重ねのティッシュペーパーを一枚にし、種の上にかけておきましょう。
 
おかひじきの発芽適温は20℃〜25℃なので、室温で問題なく発芽します。
おかひじきの発芽
おかひじきは発芽も早いので、2〜4日で発芽してくるでしょう。

◯水耕栽培容器の準備

水耕栽培容器とスポンジは移植の前に準備しておきましょう。
 
我が家ではセリアの蓋付き容器の蓋をカッターで切って穴を開けて使っています。
水耕栽培の始め方
この穴にスポンジで挟んで固定した植物を植えていきます。
水耕栽培の始め方
スポンジは穴よりも少し大きめになるようにハサミで切り分けます
水耕栽培の始め方
そして切り分けたスポンジの中心にさらに切り込みを入れれば準備完了です。
 
移植直前には水耕栽培容器に水を張り、液体肥料を溶かしておきます。
水耕栽培の始め方
我が家の容器であればだいたい1リットル強入るので、直接入れる場合は水耕栽培用ハイポニカA剤とB剤を2ccずつれればOKです。
 
水耕栽培の溶液はまとめて他の容器に作っておくと注ぎ足しの時に便利です。
水耕栽培の始め方

◯水耕栽培容器に移植

発芽後は根元の茎の長さが1.5センチほどになるまで待ちます。
おかひじき、発芽後5日
水分はまだ水だけで大丈夫ですが、表面が乾くようなら適時水を足してやります。
 
茎が1.5センチほどに育ったら、水耕栽培容器に移してやります。
 
①バーミキュライトを洗う
バーミキュライトに水をたっぷり注ぐとバーミキュライトの粒がバラバラになり、根を外しやすくなります。
 
根を切らないように気をつけながら引き抜きます。(数本まとめて抜いたほうが千切れにくいです。)
 
根に付いたバーミキュライトを水で洗い落とし、一本ずつにします。
 
②スポンジに挟む
スポンジの切れ目に茎を挟み、水耕栽培容器の穴にはめていきます。(↓写真は何本かまとめて挟んでいるものもありますが、一本ずつのほうが成長が良いようです。)
おかひじきの水耕栽培
上部は葉が埋まらないギリギリに挟みます。
 
苗が徒長した場合もこの方法で問題なく育ちます。
 
容器に限りがある場合はこの時に間引き、元気な苗を残してしてやると良いでしょう。
 
全て挟み終わったら根がしっかり溶液に浸かっているか確認します
 
足りなければ水を足して下さい。
 
あとはそのまま、溶液が減ったら注ぎ足していくだけです。
  • 我が家のような容器でやる場合、1箇所溶液の注ぎ足し穴を開けておくと水やりが便利です。
  • 初期はまだ根が短く、水が減るとあっという間に枯れてしまうので注意しましょう。

◯おかひじきの収穫

おかひじきは種まきから1ヶ月ほどが収穫時期になります。
水耕栽培おかひじき
室内だと収穫期には花を咲かせる場合もありますが、問題なく食べられます。
 
待ちすぎると筋が出て硬くなってしまうので、小さくても1ヶ月ほどで収穫しましょう。
 
根本から2〜3センチほど残して収穫すれば、また脇芽が伸びてきて何度か収穫を楽しめます。
 

◯水耕栽培容器の置き場所

おかひじきは日当たりの良い窓辺に置いてやりましょう。
 
南向きの朝日が当たる場所が最適です。

まとめ

おかひじきを室内で水耕栽培すると、冬場でも収穫を楽しめます。
 
ちなみに、おかひじきの種は寿命が短く、2年目には一気に発芽率も落ちるので、なるべく1年で使い切るようにしましょう。
 
 
水耕栽培は容器に移してしまえばあとは溶液の注ぎ足しだけのお手軽栽培でコストもかかりません。
 
冬場にも新鮮な葉物を収穫してみたい方は、ぜひ水耕栽培を始めてみて下さい。
 
冬場の葉物野菜を水耕栽培で育てたいのであれば、小松菜や空芯菜も簡単でおすすめです。
水耕栽培小松菜
水耕栽培に関してはこちらの記事にまとめていますのでご覧ください。
 
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です