ネギ

北海道での長ネギの育て方

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは。たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で、趣味の家庭菜園をしています。
 
今回は北海道での長ねぎの育て方をご紹介します。

北海道での長ネギの育て方

栽培スケジュール
  • 4月中旬 土起こし、堆肥、石灰散布、元肥
  • 5月上旬 植え付け
  • 9月中旬〜収穫

①植え付け時期

長ネギの苗は、北海道の場合は5月上旬頃に植え付けます。
 

②植える前の準備

◯土の準備

5月上旬頃、土を30センチほどの深さまで耕し、堆肥を入れます。植え付けの1週間前に、有機石灰、肥料を入れます。
 
1平方メートルあたりの目安
  • 堆肥を20ℓ
  • 有機石灰を4掴み(150g)
  • 元肥として化成肥料や鶏糞を5つかみ(200g)

◯溝を掘る

長ネギは根に多くの酸素を必要とするため、根に土をかぶせすぎないようにしなければいけません。
 
そのため、植え付け場所には深さ20センチ程度の深さの溝を掘り、長ネギの苗を立てかけるようにして植え付け、根本に敷きわらを入れる方法で栽培します。長ネギ植え付け
※この方法の方が生育が良くなりますが、そのまま土に埋めても育たないわけではないので、白い部分を伸ばさず、葉ねぎとして利用する程度であれば、そのまま植え付けても問題ありません。

◯苗の準備

長ネギ苗玉ねぎは種から育てることもできますが、種まき時期にまだ寒い北海道は室内での栽培になるため、加温などの苗管理も大変です。
 
そのため、少量の場合は苗の購入をおすすめします。
 
5月に入ると、ホームセンターや園芸店などで、10本で200円ほどの値段で売り出します。
 

③植え方

  1. まずは土にたっぷり水を染み込ませます。
  2. 30センチの深さに掘った溝の片側の壁に立てかけるように、5センチ間隔で苗を並べていきます。
  3. 苗の根本に、10センチほどの厚さで敷きわらを敷きます。
  4. 敷きわらの上に、風で飛ばないよう軽く土をかけます。
  • ネギは株間5センチと密集させたほうが生育がよくなる
  • 植え付け後の水やりは不要!

④収穫までのお世話

◯水やり

降雨のみで問題なく育ちます。
 
長ネギの根は酸素を多く必要としますので、過湿になりすぎないようにしましょう。
 

◯追肥

植え付けから1ヶ月たったら追肥を開始します。
 
株元に肥料をばら撒き、土を寄せます。
 
5株につき、肥料一握りくらいを目安に与えます。
 
以後、約1ヶ月に一度のペースで追肥土寄せを行います。
 

◯とう立ち

7月頃、気温が高くなると中心から花の蕾が上がってくる事があります。
 
そのままにすると味が落ちてしまうので、とうを見つけたらすぐに摘み取ります。
 
放っておくと、ねぎ坊主になってしまいます。長ネギ花
摘み取ったとうは食べることもできますよ。
 
摘み取りが遅くなってしまったら、あえて残しておいて種を採るのも面白いでしょう。
 

◯土寄せ

長ネギは葉ネギとしてならいつでも収穫できますが、白い部分を伸ばすためには土寄せが必要です。
 
長ネギは土に埋まっている部分が白くなるので、ネギの下の部分を隠すように、定期的に土を寄せてやります。
 
追肥の時に一緒に行うと良いでしょう。
  • 葉が分かれている分欠部に土が入ると生育が悪くなるので、分欠部分より下まで土を寄せる。ネギ分けつ
土を盛るスペースがない場合には、周りを木枠や段ボールで囲って土を入れたり遮光シートを使った栽培方法もおすすめです。
 
筆者の場合は、ある程度土を寄せていき、土寄せが難しくなったら遮光シートに切り替えます。
 
収穫の1ヶ月前、9月くらいからネギの下部分をシートで覆います。
 
畝の周りに支柱を立て、そこにシートを張るようにすると良いです。
 

⑤収穫時期

葉ネギは適時、長ネギは10月頃から収穫可能です。
 
使う分だけ適時収穫すると良いでしょう。
 
力任せに抜くと折れてしまうこともあるので気を付けましょう。
 

◯ネギの保存

すぐに使わない場合は、土付きのまま新聞紙にくるんで冷暗所で保管すると長持ちします。
 
ネギは強い野菜なので、収穫せずに放っておいても何年もその場に生え続けます。
 
植えたネギを消費しきれなそうな時には、そのまま畑に残しておくと越冬させることもできます。

越冬ネギ

ネギは寒さに強いので、雪の下にそのままにしておいても、越冬することが出来ます。
 
越冬したネギは、雪解け後は葉も枯れてしまいますが、春先に新芽が伸びてきた頃収穫できます。
 
越冬ネギはとってもやわらかくて美味しいそうですよ。

まとめ

長ネギ栽培は土寄せなどの手間はかかりますが、その分立派な長ネギが採れた時には喜びも大きいです。
 
白い部分を長くしようとせず、緑の部分を使うのであれば、土寄せも必要ありません。
 
どんどん新しく葉が生えてくるため、長く収穫できますよ。
 
春から大事に育て、冬には自家製ネギでお鍋。きっと美味しさも倍増ですね。
 
ちなみに長ネギは、根のついた白い部分を10センチほど残して土に埋めると、そこから再生します。長ネギ再生
 
栽培が手間に感じた方は、手軽に再生栽培を楽しんでみるのもいいかもしれないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です