バジル

北海道でのバジルの育て方

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは。たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で、趣味の家庭菜園をしています。
 
今回は北海道でのバジルの育て方をご紹介します。

北海道でのバジルの育て方

 
栽培スケジュール
  • 5月下旬 土起こし、堆肥、石灰散布、元肥
  • 6月上旬 植え付け(種まき)
  • 6月中旬〜収穫

①植え付け時期

バジルは、北海道の場合は6月上旬頃から植え付けを行えます。
 
種まきも同様で、6月〜7月頃に撒けば、1ヶ月ほどで育ち、すぐに収穫可能です。
 
寒さには弱いので、しっかり暖かくなってから植え付けると良いでしょう。
 
幼苗のうちに寒さには当たると、葉の縁が黒くなってしまうことがあります。
 
また、気温が10度を下回ると、枯れてしまうこともあるので注意しましょう。
 
暑い地域が原産のハーブなので、夏場はよく育ちます。
 

◯コンパニオンプランツとして

バジルはトマトの株元20センチほど離して植えておくと、水分をよく吸い、トマトが甘くなると言われています。
 
また、春菊やキャベツと一緒に植えれば、連作障害を予防してくれるそうです。
 
少量のみ収穫の予定であれば、コンパニオンプランツとして、トマトの株元などに植えておくと良いでしょう。
 

②植える前の準備

◯土の準備

5月上旬頃、土を30センチほどの深さまで耕し、堆肥を入れます。植え付けの1週間前に、有機石灰、肥料を入れます。
 
1平方メートルあたりの目安
堆肥は20ℓ
有機石灰を3つかみ(150g)
元肥として化成肥料や鶏糞を2つかみ(100g)
 

◯株間と畝

高さ10センチの畝に、株間は30センチほど開けて植え付けると、よく育ちます。
 

◯苗の準備(種)

少量の場合は苗の購入をおすすめします。
 
種の場合、発芽率は良いので、家庭菜園では種が余ってしまいます。
 
育った株から種を採って次の年に撒けば、また発芽してバジルを育てることができます。
 
初年は苗を購入し、次年度からは採取した種を育てると、効率よく育てられるでしょう。
 
種は100均にも売っているので、100均で少量だけ入った種を買うのも良いと思います。(2袋100円と、安いです。)

③植え方

〈ポット苗の場合〉

  1. 植え穴を掘り、たっぷりと水を染み込ませます。
  2. ポットから外し、根鉢を崩さず植え付けます。
  3. 土を寄せ、軽く押さえます。
  4. もう一度しっかり水をやります。

〈種まきの場合〉

バジルの種は、発芽に光が必要な、好光性種子です。
 
好光性種子は、土をごく薄く被せて播種します。
 
また、発芽温度は20度ほど必要なため、6月に入り、しっかり気温が上がってから撒くようにしましょう。
 
適温であれば、3、4日で簡単に発芽します。バジルの発芽
 
  1. 撒き床に水をやり、しっかり湿らせておきます。
  2. 1箇所に3、4粒、点まきにします。
  3. 土をごく薄く被せ、軽く抑えます(鎮圧)

④収穫までのお世話

◯水やり

地植えの場合、毎日水をやらなくても大丈夫です。
 
プランターの場合、土が乾いていたら、たっぷり水をやりましょう。
 

◯追肥

下葉が黄色くなるようなら、肥料不足なので、株元に鶏糞や化成肥料などを、スプーン一杯ほど施し、周囲の土と混ぜ合わせます。
 
プランターの場合は、週に一度、薄めた液肥を与えると良いでしょう。

⑤収穫時期

バジルは、葉が育ってきたらいつでも収穫できます。
 
種から育てる場合は、播種から1ヶ月もすれば、利用できる大きさに育つでしょう。
 

◯摘芯

バジルは、株の上部を摘芯してやることで、脇芽がのび、収量が増えます。
 
ある程度育ってきたら、収穫もかねて摘芯してやりましょう。
 
下の画像だと、私の指のあたりで切り取れば、下にあるわき芽が育ってきて、より葉が増えるでしょう。
バジルの摘芯

◯バジルの花

バジルは、8月頃になると白い花を咲かせます。
バジルの花
葉を収穫したい場合は、花は摘んでしまったほうが良いですが、種を採る場合はそのまま残しましょう。
 
バジルの花は、サラダなどにちらして食べることもできます。
 

◯バジルの採種

バジルは花が終わると、緑の実が膨らんできます。
 
これが茶色く乾いてくれば、採種時期です。
バジルの種採り
茶色の実の中から、黒い種が出てきます。
 
2、3日しっかり乾かしてから密閉袋にいれ、野菜室に入れれば、翌年播くことができます。(数年はこの種で発芽します。)
 

◯バジルの挿し木

バジルの茎を水差しにしておくと、1週間くらいで簡単に発根します。
バジルの挿し木
それを畑に植え付ければ、バジルを増やすことができます。
 
また、そのまま水耕栽培で育てることも出来るので、キッチンに置いておくと、少しだけ使いたい時には適時収穫して使うことが出来ますよ。
 
 

◯バジルの調理法

新鮮なバジルをピザやチーズ焼き、カプレーゼなどのサラダに使用すれば、料理がより美味しくなるでしょう。
 
家庭菜園でバジルを育てると、秋頃には大きく育ち、食べきれずに処分してしまうこともあるでしょう。
 
その場合、まとめて収穫して、ジェノベーゼソースを作り、製氷器や離乳食容器などで小分けにして冷凍しておくと、ちょっとした時、パスタや肉料理などに利用でき、便利ですよ。バジルの大量消費

まとめ

バジルはハーブの仲間なので、性質がとても強いです。
 
そのため、初心者にもおすすめの植物です。
 
我が家では、一年目に購入した苗から種を採り、そこから延々と育てています。
 
北海道の場合、気温が10度を下回り、バジルの葉が黒く変色してくると、バジルの栽培は終了です。(その前にジェノベーゼにしてしまいましょう。)
 
冬場は水耕栽培でも簡単に育つので、収穫後の茎をキッチンで水挿しにしておけば、いつでもフレッシュなバジルを収穫することができますよ。
 
コンパニオンプランツとしても優秀なバジル、ぜひ1株育ててみて下さい。
 
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です