さつまいも

さつまいもの芽出し方法(スーパーの芋から苗を採る)

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
こんにちは。たんぽぽ母ちゃんです。
 
北海道の道央地区で家庭菜園をしています。
 
皆さん、さつまいもの苗って、どんなものかご存知ですか?
 
さつまいもはじゃがいものように種芋を植えるのではなく、種芋から伸びたツルを切り取って苗にします。
 
そして、さつまいもはスーパーに売っている芋からでも、芽を出させ、苗をとることができるんです!
 
今回は、スーパーのさつまいもから苗を採るための、さつまいもの芽出し方法をご紹介します。
 
温床などは使わず、どなたでも自宅で簡単にできる方法です。
 
一つの芋から切り苗10本は余裕で取れますよ。

さつまいもの芽出し方法

◯用意するもの

  • さつまいも
  • ジップロックL
  • 園芸用土
  • 植木鉢
※さつまいもは、スーパーに売っているもので大丈夫です。
 
今回、水耕と土耕、芋を切ったものと切らないもので比較しました。
 
その結果、1番成長が良かった、「切らずに土に埋める方法についてご紹介します。
 

•芋の上下

さつまいもには上下があり、土に埋まっていた時にツルが付いていたほう(上)からのみ芽が出ます。
切ってしまうと、しっぽの方からは芽が出ないのと、切り口から腐りやすくなってしまうため、切らずに一本のまま芽出しすることをおすすめします。
 

•水耕と土耕

また、切った芋を少しの水に浸けて育てる、水耕栽培も試しましたが、発根後の根の成長が思わしくないため、土を使った方が確実だと思います。
 
土は少量で大丈夫なので、100均の園芸用培養土などを利用すると良いです。

◯芽出しの手順

①さつまいもの消毒

まず、さつまいもを50度のお湯に40分ほど浸し、消毒します。
 
また、この作業もやったものとやらないもので比較した所、芽が出るまでの日数もこの作業をした方が早かったです。
 
温めることで、発芽スイッチが入るようです。
 
ちなみにうちには温度計が無いので、なんとなくでやりました。
 
50度は、一瞬なら指を入れられるけれど、長くは無理!と思うくらいの温度です。
 

②暖かい場所で芽出し

•さつまいもの芽出しに適した環境
さつまいもは、湿度80%温度が30度と、高温多湿の環境下に置くと、簡単に発芽します。
 
プロの農家であれば、温床と呼ばれる設備を使ったりしますが、家庭では芋が一つ入るスペースがあればOKです。
 
ここで活躍するのがジップロックです。
 
お風呂にいれたさつまいもを、少量の水(芋の下部が少し浸かるくらい)を入れたジップロックに入れ、口を1センチほど隙間(空気穴)を空け、閉めます。
 
そして夜間も30度以上を保てる場所に置くのですが、うちは脱衣所の暖房の上が最適でした。
 
暖かい場所が無い場合は、電気あんかを購入するか、コタツの中や冷蔵庫の上などでも良いです。
 
電気あんかは、温度調節の機能が付いたものが便利です。
 
園芸用の加温シートも売られているのですが、レビューを見ると28度くらいまでしか上がらないようで…うちはこちらのペット用のホットマットを購入しました↓↓

ペット用なので、熱くなりすぎず、防水なのもいいですね。温度も25〜40度まで調節可能です。段ボールの中などに入れ、上部に薄い段ボールを1枚しいて使用したらいいかなと思います。

芽出しの時点では、光は必要ありません。
 
•1日に一度水を替え、ジップロックを洗う。
高温多湿では菌も繁殖しやすいので、1日に一度、水を替えて袋を洗ったほうが良いでしょう。
 
•3日目から、芽が動く
3日くらいは変化がない様に見えますが、3日目くらいから芽が動き出してきます。
 
芋についている窪みの所から芽が出てきて、少しずつ盛り上がります。
 
同時に芋の下部からは根が伸びてきます。
 
※2021.3追記
上記の方法だと、失敗する可能性が高いようです。改良した芽出し方法は、以下に記載。
 
 

③芽出し後、土耕へ

1週間ほどすると、はっきり芽が出てきます。
さつまいもの芽
ここまできたら、早めに土耕に移しましょう。
 
鉢に土を入れ、芽の出ている方を上にして、芋を植えつけます。
芽が出たさつまいもの植え付け
鉢は芋を縦にして入れても、芋の上部が隠れるくらいの大きさが良いでしょう。
 
根は成長を始めると思った以上に伸びるので、土は多めの方が良いです。
 
100均の土は3リットル入っているので、そのくらいあれば大丈夫です。
 
植えつけ後は日当たりの良い暖かい場所で管理します。
 
温度が30度くらいあると良く育ちますが、室温でも問題なく育ちます。
 
最終的に一つの芋から10本くらいの芽がでてくるかと思います。さつまいもの親芋

◯切り苗の採り方

種芋を植えつけて1ヶ月ほど経ち、伸びたつるの長さが15センチ以上になれば、切り苗として使えます。
 

•切り苗の長さ

長さはそんなに細かく気にしなくても良いですが、一本あたり15〜20センチくらいあると良いでしょう。
さつまいもの切り苗
葉の付け根(節)から発根し、そこに芋が出来るので、一つの苗から沢山芋を採りたい場合には、節を多めに埋める必要があるので、切り苗も長めにとります。
 
プランター栽培などで垂直植えにするなら、切り苗は短くても良いでしょう。
 
切り取る位置は、いもの付け根からでかまいません。
 

•切った後は萎れさせる

さつまいもの苗は、すぐに植え付けるよりも、少し萎れさせたほうが根付きが良くなります。
 
しかし、萎れすぎは枯れる原因にもなります。
 
植え付け後に葉が枯れてしまった場合は、その葉の付け根には芋は育ちません。
 
したがって、少しだけ萎れさせ、ツルを芋から独立させて発根を促します。
 
具体的には、以下の手順で切り苗を採ります。
 
  1. ツルを切り取ってから30分〜1時間、そのまま放置します。
  2. ツルが少し萎れたら、乾いた茎の先端を斜めに切り、コップや花瓶に茎が浸かるくらいの水を入れ、そこに挿します。さつまいも苗の取り置き

•水差し発根してから定植

ツルを水に浸けておくと、3日くらいで発根してきます。
 
あまり長く置くと、根が伸びすぎて折れやすくなってしまうので、根が5ミリほど伸びたら畑に植え付けを行います。さつまいも植え付け
 

•切り苗が根付くまで

切り苗は1週間ほどで根づきますが、その間にあまり晴天が続くと、根付く前に葉が枯れてしまいます。
 
対策として、くもりの日に植え付けるか、根が根付いて葉が起きてくるまで、苗の上にキッチンペーパーや新聞紙など、日除けになるものを乗せてやると良いでしょう。

まとめ

さつまいもは、少しのコツで簡単に芽出しを行えます。
 
一つのつる苗から3つの芋が採れるとして、スーパーの一本の芋が、最終的に30個のさつまいもに化けることになりますね。さつまいもの収穫
 
皆さんもぜひ、自宅でつる苗採り、チャレンジしてみて下さい。
 
寒い地域でもさつまいもを作ってみたい!という方は、下の記事を参考にしてみてください。
 
こちらの記事もおすすめ!
栽培のアイデア・便利な道具

家庭菜園におすすめの除草剤【スギナやドクダミだけやっつけたい時は、グリホエース!】

2020年7月24日
たんぽぽ母ちゃんのブログ
こんにちは。たんぽぽ母ちゃんです。 家庭菜園をやっていると、除草に困る事はありませんか? 特にドクダミやスギナは地下茎で繁殖するため、な …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です