フキ

栽培3年目のフキからふきのとうが!初収穫は天ぷらで

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

こんにちは、たんぽぽ母ちゃんです。北海道の道央地区で趣味の家庭菜園を楽しんでいます。

今回は、わが家で育てている「ふき」について。

栽培3年目にして、はじめて「ふきのとう」を収穫できたので、その記録です。

はじまりはキャンプ場の巨大ふき

ふきが大好きなわたし。特に、春先の生ぶきは最高ですよね。

自然でおいしいふきをどうにか庭で育てたいと、3年前にキャンプ場で大きなフキの地下茎を15センチほど拝借してきました。

意外と大きくならない、ふき

すぐに庭に埋めたのですが、その年は動きなし。一時は消滅してしまったかと諦めました。

冬を越し、次の年。植え付け2年目のふき

春先には小さな小さなふきの葉がちょろっと顔を出しましたが、虫にやられてボロボロに。

収穫とは程遠い状態でした。

2回目の冬を越し、3年目の春

さて、地下茎を埋めてから3年目、今年の春です。

雪が多く雪解けも遅かったわが家ですが、4月初旬、ようやくふきエリアの雪が溶けてきました。

いちばんに目に飛び込んできたのは、うちの庭では見たことのないフォルム。ふきのとうの収穫

「ふ、ふきのとうだー!」

思わず叫んでしまいました。笑

正直、ふきのとうなんてそこらじゅうに勝手に生えているんですが、自分で植えた子なんで格別です。

ちゃんと消えずに根付いてくれたのね〜と、めちゃくちゃうれしくなりました。

小さいですが、つぼみの開き具合もちょうどよさそうなので、さっそく収穫。ふきのとうの収穫時期

折取っただけで、大好きなふきの香りが、春の香りがふわっと漂います。

はじめてのふきのとうは天ぷらで

はじめて収穫できたふきのとうは、天ぷらでいただくことに。

天ぷらの場合はアク抜きをしない方法もあるようですが、おいしく食べたかったのではじめにアク抜きをします。

ふきのとうのアク抜きの方法は簡単。塩を入れたお湯で2分ほど茹でて、水にさらしておくだけ。
ふきのとうのアク抜き

水にさらすと、かなり強い香りが。茹で汁もさらした水もアクが出て緑色になるので、何度か水を取り換えます。ふきのとうのアク抜き

ふきのとうを水にさらす時間は、好みにもよりますが10分〜2時間くらい。わたしは2時間ほどしっかり水にさらしました。

あとは水気を切り、調理するまでキッチンペーパーにくるんで冷蔵庫で保存。

この状態で冷凍もできるみたいです。季節のものはなるべく採ってすぐにいただきたいですけどね(^^)

さてさて、念願のふきのとうの天ぷらを作りましょう。

下茹ではしてあるので、180℃くらいの高温でさっと揚げて。

ふきのとうの天ぷらの作り方

ふきのとうだけだと寂しいので、冷蔵庫にあったまいたけとミニエビも一緒に揚げました。

ふきのとうの天ぷらの味は?

ふきのとうの天ぷらは、一言で言うと、

春の味

ふきの香りが口の中にふわっと広がり、めちゃくちゃおいしい。

アク抜きはしておいて正解でした。

ちなみに、わが家は醤油でいただきましたが、ふきのとうの天ぷらは、塩のほうが風味を感じられておいしいかも。

2つしかないので、父ちゃんと1つずついただきましたよ。

父ちゃんも、「春の味がする」とのこと。

家庭菜園、第一号、大満足の収穫でした。

まとめ

3年前に植えたふきも無事に根付き、これから雪解け後のお楽しみがひとつ増えました。

山から採ってきたフキなので、汚染なども気にせず安心して食べられますね。

さて、ふきの葉のほうは、今年はどれだけ育つかな?そちらも収穫が楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。